ウェアラブルカメラとは

写真撮影や、動画の撮影をデジタルカメラで行ったことがある人は多いでしょう。ボタン一つで静画撮影と動画撮影が切り替わるようになっていて、とても便利です。撮った写真はすぐに画面で見ることができるので、手ぶれがないか、修正しなければならないか確認できます。撮り直しが何度もできますし、編集が必要な際はパソコンやアプリを使って行うことが可能です。
デジタルカメラの性能は日々進歩していて、使う用途により様々なタイプが開発されています。そうしたものの一つに、ウェアラブルカメラがあります。メーカーによっては、アクションカメラという名称を使っていることもあります。激しく動くところで撮影したり、臨場感あふれる動画を撮影したりするときに使用されます。

ウェアラブルカメラを利用する場面

ウェアラブルカメラを利用できる場面はいろいろとあります。例えばキャンプや山登り、ツーリングといったアウトドアを楽しむ際、腕や頭に装着して、目に見える景色を撮影するという時に使います。
携帯などで撮影するには少し心配な場面がアウトドアには多いものです。川や海の近くや海水浴場などで、長時間の動画撮影をしたいという場合もあるでしょう。水が機械に飛ばないように気を付けながら撮影をするのは大変です。
このようなとき、ウェアラブルカメラを使うと防水機能がついていたり衝撃を吸収したりする機能があるので、より安心して迫力いっぱいの写真を撮影することが可能です。

ウェアラブルカメラの手入れ

ウェアラブルカメラは他のカメラと異なり、アウトドアで使われる頻度が高くなっています。カメラを保護するために様々な機能がありますが、使った後の手入れも大切です。
購入後には、取り扱い説明書をよく見て、どういう機能がついているか、どういう手入れをしなければならないのか確認します。特にアウトドアで使用した後は、目に見えない汚れや水分がカメラについていることがあります。眼鏡レンズを拭くときのような柔らかい布を使って、レンズ部を丁寧に拭きましょう。本体も汚れを柔らかい布でふき取り、乾かしてからケースに入れるようにします。
海水浴場で利用した場合は、見た目には分からなくても塩分を含んだ水が機械に付着しています。そのため水拭きをしてから乾いた布で拭くとより安心です。アームバンドや肩掛けのバンドなどの部分は、水洗いできるケースもあります。また、一度使うと電池もかなり消耗しているため、充電も忘れずに行います。

ウェアラブル+カメラの開発生産はXacti累計1億台以上のデジタルカメラ生産実績を持っています。 業務用ウェアラブルカメラの製造・販売も行っています。 相手方ブランドによるデジタルカメラ及びデジタルデバイスの開発・製造・販売を行っています。 世界のデジタルカメラ市場の80%を越えるブランドメーカーとの取引実績を有しています。 業務用ウェアラブルカメラを取り扱っています。 Xactiは世界最高峰の防水防塵・対衝撃設計です。 ウェアラブル+カメラの開発生産はXacti

ピックアップ記事

ウェアラブルカメラの購入の前に

ウェアラブルカメラと一言で総称されますが、様々なものがあります。そこで、購入前に外観寸法や重量、有効画素数などの基本的な情報をチェックしておきましょう。よりよい画素数や高画質で撮影するために、4Kとい...

ツーリングにも役立つウェアラブルカメラ

ウェアラブルカメラを活用できる場面はたくさんあります。基本的にアウトドアで楽しめる活動なら、何でも利用できます。そのような活動の一つがツーリングです。バイクやマウンテンバイクで景色の良いところを走るイ...

ウェアラブルカメラの機能

カメラはインドアでの利用であれば、充電がなくなれば、すぐ電源コードを使って充電できます。また撮った画像をパソコンに移すなら、SDカードの容量が多少小さくても、そう問題になることはありません。しかしキャ...

使い方を知ろう!ウェアラブルカメラ

ウェアラブルカメラは普通のカメラなら手ぶれしてしまうような振動の激しいところ、動いているものを撮るのに適しています。普通のカメラなら手で支えながら撮影をしなければなりませんが、ウェアラブルカメラはどこ...